看護学校の授業で行う臨地実習とは

将来看護師として病院や様々な分野で実践的に活躍できるようにするため、看護学校では、看護学についての知識を学ぶことはもちろん必要ですが、医療現場では、実際に患者さんに対して看護ケアを行うことになります。

これは新人看護師でもベテラン看護師であっても同じレベルが求められます。

臨地実習の目的は知識に基づいて看護技術を習得すること

看護学校では授業で学んだ知識を基にして看護技術(看護スキル)を身に付けることを目的に臨地実習という実践的なカリキュラムが取り入れられています。

看護の技術について学校でしっかり学び、頭では理解していても、実際に看護を行う場面に直面すると、最初のうちは慣れていないために不安感に襲われることもあります。

そんな気持ちを払拭し、自信を持って看護ケアを行えるようにするため、看護技術を習得し正確なスキルを身に付けるため、実際に病院などで手順やポイントをおさえながら実地訓練を行うのが「臨地実習」といわれるものです。

「臨地実習」の授業では、最初に基礎知識や手順をしっかりと頭に入れたあとに、人形を使ったり、看護学生同士で校内で実習を行います。

校内実習で練習を十分すぎるほど行ってから、臨地実習に入っていきます。

臨地実習では、医療現場で働いている現役の看護師と同じ環境で患者さんに関わりながら、看護技術はもちろん看護の具体的な進め方や考え方を学習し、実践的な看護スキルを身につけていきます。

「臨地実習」での経験は、教室で行われる授業で学ぶ机上の理論だけでは、とてもはかり知ることが出来ないようなことばかりです。

感覚的に習得するような看護技術は、経験を通してしか学ぶことができません。

例えると、車の運転や自転車に乗ることと同じで、いくら理論を学んでも実践し経験をしないとわからないのと同じことです。

看護学生は、「臨地実習」で患者さんや医療現場のスタッフと関わることで、看護師の意義や役割、大切さを再度しっかりと感じとることでしょう。

最初は何事も不安ですが、怖がらずに、積極的に実習に取り組むことが大切です。

●看護師を目指すには、必ず看護学校を卒業し、看護師国家試験の受験資格を得る必要があります。

下記サイトより日本全国にある看護学校を次のような様々な条件から比較し、希望するスクールの案内資料を無料一括請求することができます。

■検索できる条件■
学費・入学金,募集人数,入試出願状況,オープンキャンパス状況,学部・学科の特長,奨学金制度,偏差値

看護師を目指せる看護専門学校・短大・大学を全国から探す

関連ページ

看護師国家試験の最善対策は看護学校カリキュラムを習得すること
看護師国家試験の最善の受験対策は看護学校の授業で行われるカリキュラムをしっかりと習得することです。
看護学校のカリキュラム詳細内容
看護学校の授業カリキュラム内容を詳しく解説しています。

ページトップへ戻る