社会人から看護師になるには

社会人から看護師をめざすには、次の4つのルート(方法)があります。

社会人として一般企業に就職し、現在は看護とはまったく関係ない仕事をしているOLのような人でも、看護師をめざすことは可能です。

看護師の勉強は学ぶべき内容が多くありますので、高卒から看護師をめざしている若者と同じように勉強するのは実際大変だとは思いますが、逆に社会経験が豊富ですので、効率よく学習を進めることが可能かもしれません。

社会人から看護師になるには、次の4つのルートがあります。
ルート1:看護専門学校
ルート2:看護短期大学
ルート3:看護大学
ルート4:准看護師学校

ルート1:看護専門学校(3年制)
看護専門学校(3年制)は、看護師になるのはもっとも一般的なルートです。

看護専門学校の大きな特徴は、看護理論についての勉強もしますが、看護の実践学習がもっとも多く、看護技術の習得に重きが置かれています。

ルート2:看護短期大学(3年制)
実践的な学習力を重視している専門学校と看護理論を重視している大学との中間的な位置にあたるため、理論についてある程度勉強しながら、看護技術についても習得することが可能です。

一般的な大学を卒業している人が、看護短期大学で学ぶ場合は、既に取得済みの単位を免除してもらえる場合があります。

ルート3:看護大学(4年制)
看護大学は、看護学校の中では学習期間が一番長く、卒業するまでに4年間勉強することになります。

看護大学の特徴は、実践的な学習や看護学についても詳しく学びますし、看護学とは直接関係ありませんが、社会学などの周辺学問についても学ぶことができます。

一般的な大学を卒業している人が、看護大学で学ぶ場合は、既に取得済みの単位を免除してもらえる場合があります。

ルート4:准看護師学校(2年制)
准看護師学校は2年制で、働きながらでも看護について学ぶことができる学校です。

卒業後、准看護師として3年の実務経験を経た後、2年制の看護専修学校などで勉強して卒業すれば「看護師国家試験」の受験資格を得ることが可能になります。

准看護師として勤務しながら看護師免許の取得を目標とできるのが特徴です。

社会人から看護師をめざすルート

社会人から看護師をめざすルート

●看護師を目指すには、必ず看護学校を卒業し、看護師国家試験の受験資格を得る必要があります。

下記サイトより日本全国にある看護学校を次のような様々な条件から比較し、希望するスクールの案内資料を無料一括請求することができます。

■検索できる条件■
学費・入学金,募集人数,入試出願状況,オープンキャンパス状況,学部・学科の特長,奨学金制度,偏差値

看護師を目指せる看護専門学校・短大・大学を全国から探す

関連ページ

看護師になるためのルート
看護師になるためのさまざまなルートや手順について解説しています。
中学生から看護師になるには
中学生から看護師をめざす方法や順序について解説しています。
高校生から看護師になるには
高校生から看護師をめざす方法や順序について解説しています。

ページトップへ戻る