看護学校の特徴・メリット

看護師をめざしている人は、必ず看護学校を卒業しないと看護師にはなれません。

看護師になるための学校も次のようにいろいろな看護学校があります。
@看護大学
A看護短期大学
B看護専門学校
C准看護師学校
D高等学校衛生看護科
E5年一貫制高等学校

このカテゴリでは、これからどの学校にするか考えている人のために、それぞれの看護学校の特徴や入学する際のメリットなどについて詳細に解説しています。

看護学校の特徴・メリット記事一覧

准看護師学校の特徴・メリット

准看護師学校の在学期間と卒業後取得できる資格 准看護師学校の在学期間は2年間となっており、学校を無事卒業すれば、準看護師試験の受験資格を得ることが出来ます。在学期間:2年間卒業後取得できる資格:準看護師試験への受験資格准看護師学校の特徴・メリット准看護師学校で学ぶことの利点は次の3つです。看護助手と...

≫続きを読む

看護専門学校の特徴・メリット

看護専門学校の在学期間と卒業後取得できる資格 看護専門学校の在学期間は3年間となっており、学校を無事卒業すれば、看護師国家試験の受験資格を得ることが出来ます。在学期間:3年間卒業後取得できる資格:看護師国家試験への受験資格看護専門学校の特徴・メリット看護専門学校で学ぶことの利点は次の4つです。看護師...

≫続きを読む

看護短期大学の特徴・メリット

看護短期大学の在学期間と卒業後取得できる資格 看護短期大学の在学期間は3年間となっており、学校卒業後に、看護師国家試験の受験資格を得ることが出来ます。在学期間:3年間卒業後取得できる資格:看護師国家試験への受験資格看護短期大学の特徴・メリット看護短期大学で学ぶことの利点は次の3つです。看護大学よりも...

≫続きを読む

看護大学の特徴・メリット

看護大学の在学期間と卒業後取得できる資格 看護大学の在学期間は4年間となっており、学校卒業後に得られる受験資格は次の通りです。在学期間:4年間卒業後取得できる資格:・看護師国家試験受験資格・保健師受験資格・助産師受験資格・養護教諭受験資格看護大学の特徴・メリット看護学を理論からじっくりと学ぶことがで...

≫続きを読む

高等学校衛生看護科の特徴・メリット

高等学校衛生看護科の在学期間と卒業後取得できる資格 高等学校衛生看護科の学習期間、卒業後取得できる受験資格は次の通りです。学習期間:5年間(高校3年+専攻科2年)卒業後取得できる資格:看護師国家試験の受験資格※高校3年卒業時点で准看護師の受験資格を得られる学校もある高等学校衛生看護科の特徴・メリット...

≫続きを読む

5年一貫制高等学校の特徴・メリット

5年一貫制高等学校の在学期間と卒業後取得できる資格 5年一貫制高等学校の在学期間、卒業後取得できる受験資格は次の通りです。在学期間:5年間(高等学校衛生看護学科3年+専攻科2年)卒業後取得できる資格:看護師国家試験の受験資格高等学校衛生看護科の特徴・メリットエスカレーター式で看護師をめざせる看護師を...

≫続きを読む

看護学校の学費

看護学校の学費はどのくらいか!看護師になるために看護学校で勉強するには必ず学費が必要になります。では学費はどれくらいかかるのでしょうか?看護学校も看護大学、看護短期大学、看護専門学校、高等学校衛生看護学科、5年一貫制高等学校などいろいろとありますので、学校によっても違いがあり、看護学校が国公立か私立...

≫続きを読む

看護学校の歴史

看護教育の始まりは明治時代日本の看護教育の始まりは、明治10年代になります。また看護教育の手本となったのは、1820年から1910年の生涯のほとんどを看護に費やしたフローレンス・ナイチンゲールの考えです。ナイチンゲールは別名「クリミアの天使」「ランプを持ったレディー」などと言われ、現代までの看護の基...

≫続きを読む

●看護師を目指すには、必ず看護学校を卒業し、看護師国家試験の受験資格を得る必要があります。

下記サイトより日本全国にある看護学校を次のような様々な条件から比較し、希望するスクールの案内資料を無料一括請求することができます。

■検索できる条件■
学費・入学金,募集人数,入試出願状況,オープンキャンパス状況,学部・学科の特長,奨学金制度,偏差値

看護師を目指せる看護専門学校・短大・大学を全国から探す


ページトップへ戻る