看護学校 AO入試の特徴・メリット・デメリット

AO入試とは

 受験生の目的意識や個性などは学力試験では容易に判断できません。

そこで、面接・小論文、書類審査など総合的な観点から評価し、合否を判定しようという入学試験がAO入試といわれるものです。

AO入試の特徴

 AOは英語の「admisson office」の頭文字から名づけられており、意味は大学の入学事務局を指した言葉です。

入学者の選考は、学長が任命する職員と選出された教員によって行われ、選考方法は、自己紹介書と志望理由書から、受験生が習得した学業成果及びそれ以外の成果を合わせて審査を行います。

それと並行して看護師としての適性や将来性などにポイントを置き面接を行い選考する学校が多くあります。

なので、しっかりと自己アピールすることが面接時においてできるかどうかが重要になります。

 また、受験生がアドミッション・ポリシー(admisson policy)と合致しているかどうかも選考時の大きなポイントになります。

アドミッションーポリシーとは、各大学が掲げている入学者の受入れ方針のことを言い、各大学の教育理念や特色などに基づき理想の学生像を定めたものです。

他にもオープンキャンパスに参加してもらい、そこで受験申込を行う方法をとっている大学もあります。

AO入試のメリット

 一番のメリットは、一般入試と違い学科試験がなく、ある場合も教科数が少ないことです。

推薦では入学できない社会人や浪人生も偏差値を気にせずにエントリーすることが可能です。

一般入試や推薦入試は、AO入試で万が一合格できなくても再受験することが可能で、一般入試や推薦入試判とは判定基準が異なるので、受験する際にも不利になることはありません。

このため、複数回、入試できるチャンスを得られるということもAO入試のメリットになります。

AO入試のデメリット

 デメリットとしては、まず、合格基準が数値で定量化されておらず、学科試験のように入試対策を具体的に行えないという点が挙げられます。

次に、学科試験を受けずにAO入試で合格しているため、入学してからの学力が学生間で異なり、個々にバラツキが発生し、学生の中には講義についていけないという問題も起こっています。

このような状況を避けるため、国公立の看護学校などでは対策として、平均3.5以上の調査書の評定やセンター試験の得点などを最低限のAO入試の受験資格として課し、授業についていけるだけの基礎的学力を担保している学校もあります。

また、入学前の勉強会参加をAO入試合格者に義務付けている大学もあります。

 一方、最低限の学力を担保できるようなしくみを設けていない学校も存在し、調査書の評定平均においても各学校内でのレベル評価になるので、学力に差ができばらつくのは仕方のないことかもしれません。

よって、AO入試で入学した学生の場合、授業についていけない学生を完全に失くすのは現実的に難しいといえるでしょう。

●看護師を目指すには、必ず看護学校を卒業し、看護師国家試験の受験資格を得る必要があります。

下記サイトより日本全国にある看護学校を次のような様々な条件から比較し、希望するスクールの案内資料を無料一括請求することができます。

■検索できる条件■
学費・入学金,募集人数,入試出願状況,オープンキャンパス状況,学部・学科の特長,奨学金制度,偏差値

看護師を目指せる看護専門学校・短大・大学を全国から探す

関連ページ

看護学校の入試方法・スケジュール・競争率
看護学校への入試方法やスケジュール、競争率などについて解説しています。
看護学校の受験料と出願
看護学校の入試出願方法や受験料について解説しています。
看護学校 一般入試の特徴・メリット・デメリット
看護学校 一般入試の特徴・メリット・デメリットについて解説しています。
看護学校 大学入試センター試験の特徴・メリット・デメリット
看護学校 大学入試センター試験の特徴・メリット・デメリットについて解説しています。
看護学校の推薦入試の種類
看護学校の推薦入試の種類について解説しています。
看護学校 推薦入試の特徴・メリット・デメリットメリット
看護学校 推薦入試の特徴・メリット・デメリットについて解説しています。
看護学校 社会人入試の特徴・メリット・デメリット
看護学校 社会人入試の特徴・メリット・デメリットについて解説しています。
看護大学の入試科目と試験内容
看護大学の入試科目と試験内容・特徴について解説しています。
看護短大の入試科目と試験内容
看護短大の入試科目と試験内容・特徴について解説しています。
看護専門学校の入試科目と試験内容
看護専門学校の入試科目と試験内容・特徴について解説しています。

ページトップへ戻る